読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この素晴らしいマイルに祝福を!~このすマ!~

マイルのことや、節約、育児、趣味とかいろいろ書いてます。 このすマ

ANAの幼児料金、小児料金について確認してみる。無料なのはどこまで?

f:id:dragontails6885:20161108100252j:plain

 

子供が小さいうちの旅行は、子供の移動費やホテル代がかからなかったりして助かりますよね。

 

来年、我が家も初の特典航空券を使って東京へ旅行しようと思っているのですが、飛行機が無料になる幼児って何歳までだったかうろ覚えでした。

 

ANAの飛行機を使った時の幼児料金、小児料金を調べてみたのでご紹介します。

 

子供が無料で飛行機に乗れる期間は?ANAの幼児、小児の料金体系

 

f:id:dragontails6885:20161108100337j:plain

 

子供が無料で乗れるかどうかは、旅行を考える上でかなり重要ですよね。

ANAの幼児、小児料金については、大きく分けて2種類あります。

 

①国内線

②国際線

 

それぞれ料金体系が違いますので、判りやすく説明していきます。

 

①国内線

 ANAの国内線の幼児、小児の扱いはこのようになっています。

 

・幼児(生後8日〜2歳)

・小児(3歳〜11歳)

・成人扱い(12歳以上)

 

 

ANAの国内線の場合、幼児は無料です。つまり、生後8日~2歳までは無料で飛行機に乗ることができます

 

 

しかし、無料になるためには条件があります。

幼児は、大人と同伴でしか乗ることができないのですが、座席を予約するときに、膝の上に座らせるようにしなければなりません。

 

幼児は大人1人につき2人まで同伴できるのですが膝の上に座らせることができるのは1人だけになります。大人が2人いれば両方の膝の上に乗せることで無料で搭乗することができます。

 

ANAの国内線で幼児が無料になるのは

 

大人の膝の上に座らせることができる生後8日~2歳までの幼児 

 

ということになります。

なお、生後8日〜1歳の幼児の場合、インターネットでは予約できないため、ANA予約・案内センターで予約する必要があります。

 

じゃあ大人1人で2人の幼児を連れて行かなければいけないときはどうなるのかというと、幼児1人分の座席を確保しなければなりません。

 

幼児の座席確保は、小児1人と同じ扱いになります。

小児料金は通常運賃の大人の50%になりますが、旅割等の料金がそれより安ければ旅割等の金額が適応されるようになっています。

 

つまり大人料金とほぼ同じ扱いになります。

また、マイルを使って座席を確保する場合は、大人と同じマイル数がかかります。

 

特典航空券で予約するか、いっしょにマイル割で予約するのがお得に乗る方法だと思います。

 

②国際線

 

 

続いて国際線の料金体系です。

 

結論から言いますと、国際線で幼児は無料になりません!

 

子供1人を無料で海外旅行を目論んでいた自分にとってはちょっとショッキングでした。

しかも国内線とは年齢区分が違いますので、説明していきたいと思います。

 

 ANAの国際線の幼児、小児の扱いはこのようになっています。

 

・幼児(生後8日〜1歳)

・小児(2歳〜11歳)

・成人扱い(12歳以上)

 

国内線より幼児の範囲が狭くなっています。

 

料金について

幼児:大人料金の10%

小児:大人料金の75%

12歳以上:大人料金

 

このようになっています。

海外へは幼児は無料にならないんですねー。

 

幼児の座席の取り扱いについては、国内線とほぼ同じです。膝の上に座らせる場合に大人料金の10%がかかります。

 

大人1人につき幼児2人まで同伴可能ですので、幼児を2人連れて行く場合は、1人を膝の上に載せて、もう1人を座席に座らせることになります。

座席に座らせる場合は、小児料金がかかります。

なお、幼児の座席を確保する場合、インターネットからは予約ができないようですので、ANAの電話窓口で予約する必要があります。

 

幼児の座席及び小児の座席をマイルで確保する場合は、大人と同じマイルが必要になります。国内線と同じですね。

 

ANAの公式サイトで、海外旅行に関する詳しい解説がありましたのでこちらも参考にしてみてください。

www.ana.co.jp

 

 まとめ

 

 幼児、小児の料金については、国内線、国際線でそれぞれ違っていて、若干複雑でわかりにくい感じがしました。

 

幼児を無料で旅行に連れて行くのは、国内線を利用するのが現実的ですね。小さいうちの飛行機は結構苦労するので、できるだけ3歳になる直前に連れて行ってあげるといいかもしれません。

 

わかりにくかったかもしれませんが、皆さんの参考になれば幸いです。