この素晴らしいマイルに祝福を!~このすマ!~

マイルのことや、節約、育児、趣味とかいろいろ書いてます。 このすマ

ブログを継続するためのセルフモチベーションスキルのススメ

f:id:dragontails6885:20161110231122j:plain

 

ブログを始めてみたものの、PVもあまり増えず、ハピタスの友達紹介でハピ友も増えず、モチベーションが下がって途方に暮れている人はいませんか?

 

  

 はい、私です(笑)

 

 

それなりに頑張って更新できる日は更新を続けてはいますが、まだまだ内容も乏しいし、検索流入も少ないのでモチベーションが下がりつつあります。

 

先輩ブロガーの皆さんから言わせれば、たかだか2ヶ月しか運営してないのに何を言ってるんだこの若造は!って感じだと思います(笑)

 

そうなんですよね。まだブログを始めてから2ヶ月しか経っていません。そりゃ結果も出ないはずです。

それでも同じ時期にブログを始めて、すでに結果を出している同期生もいるのも事実。

自分も負けられないと奮起しなければなりません。

 

では、ブログをモチベーションを保ちながら続けるためにはどうしたらいいのでしょうか?

 

そこで私はセルフモチベーションスキルをお勧めしたいと思います。

 

 

 

セルフモチベーションとは

 

f:id:dragontails6885:20161110231309p:plain

 

まずモチベーションには2種類あると考えましょう。

 

○外的報酬・刺激等による外的モチベーション

○自分自身で作り出すセルフモチベーション

 

外的モチベーションは

・いい仕事をもらえたからやる気が出た

・賞与が多かったからやる気が出た

・上司に怒られたからやる気がなくなった

・周りが認めてくれないからやる気が出ない

 

といったことが挙げられます。

 

対して、セルフモチベーションは

・自分が本当に実現したい未来をいつも思い出して人生にワクワクする

・今年、今週、今日実現したいことを明確にして行動するエネルギーを創り出せる

・感情の重要性を理解し、常にいい気分を維持しながら取り組むことができる

・問題で成長できることにフォーカスを向けることで情熱を持って問題に取り組む

 

このようなことが挙げられます。

 

 外的モチベーションとセルフモチベーションの大きな違いは、セルフモチベーションは一時的である外的な刺激に左右されること無く、自分自身で行動するエネルギーを作り出すことができるスキルであると言えます。

 

モチベーションのメカニズム

 

セルフモチベーションは4つの要素から行動への原動力を生み出します。

 

・ランゲージ(言葉)

・フォーカス(焦点)

・ボディ(身体)

・マインド(メンタルプログラム)

 

それぞれについて解説します。

 

ランゲージ(言葉)

 

言葉は、セルフモチベーションにおいて非常に重要な要素を占めています。

ポジティブな言葉は、ポジティブな感情へ直結しますし、ネガティブな言葉はネガティブな感情に直結します。

 

ここで一つテストをしてみましょう。相方を見つけてやってみてください。

 

相手の人に、利き手の親指と人差し指の先をくっつけてもらって、OKサインを作ってもらってください。

OKサインを作ってもらったら、あなたはそのOKサインを力いっぱい引っ張って親指と人差し指を引き離そうとしてください。

どうですか?意外と離れませんよね?

 

それではテストに入りましょう。

もう一度相手にOKサインを作ってもらってください。

そして、相手には、心の底から最悪をイメージして「失敗した・・・」と10回言ってもらって下さい。

そしてすぐに先ほどと同じように親指と人差し指を引き離そうとしてください。

 

 

どうでしたか?さっきとは考えられないくらい簡単に引き離すことができたのではないでしょうか?

これは、言葉が体の状態に大きく影響があるということを体感することができる非常に簡単なテストです。

 

マイナスをイメージさせるような、人のエネルギーを奪う言葉は、行動力を奪っていきます。このような言葉をデビルワードと言ったりします。

 

デビルワードの代表例としては

つまらない、面倒だ、だるい、うざい、疲れた、最悪、しくじった、いまさら

~が心配、~しないか不安、~が怖い、やらなければよかった

無理だ、できない、難しい、わからない

むかつく、~が悪い、それ位はやってあたりまえ、~が嫌い、~のせいで、いやみ

 

このようなものが挙げられます。

 

逆にプラスのイメージを与えてくれる言葉をエンジェルワードと言ったりします。

 

エンジェルワードは

ラッキー!、幸せ、嬉しい、楽しい、面白い、ありがたい、最高!、すごい!

おめでとう!、よかったね!、幸せな一日になりますように、素敵ですね

いい感じですね、好きです、愛しています、許します

 

 このようなものが挙げられます。

 

先ほどのテストで体感したように、デビルワードは体の力を奪ってしまいます。体に力が入らない状態では、心の気力も抜けていってしまうものです。

 

なかなかモチベーションが上がらない人は、日常的にデビルワードを使っていませんか?よく思い返してください。

意識的にデビルワードを使わないようにするだけで、意外なモチベーションアップに繋がったりします。日常的にデビルワードを避け、エンジェルワードを多く使うようにするだけで、力が湧いてくるでしょう。

 

言語転換というものがあります。

マイナスのイメージを持つ言葉を、プラスのイメージを持つ言葉に置き換えて使う技術です。

 

たとえば

難しい    → やりがいがある

わからない  → もう少し考えよう

失敗した   → 学んだ

ダメな後輩だ → 育がいのある後輩だ

自分はダメだ → 自分は伸びしろがある

 

といった風に、普段つい使ってしまいがちなマイナスの言葉を、プラスの言葉に置き換えて使うことによって、前向きな行動へと繋げていくことができるのです。

 

言葉の持つ感情への影響を常に考え、ポジティブな状態をキープできるような言葉の使い方を心がけるようにしましょう

 

フォーカス(焦点)

 

 私は、セルフモチベーションにおいて、このフォーカスが最重要なスキルだと思っています。

 

人は、フォーカス(焦点を当てる場所)に向かって行動します。

つまり、行動を起こすためには、フォーカスが必要なのです。

 

フォーカスが定まっていなかったり、ネガティブな方へフォーカスが向いていれば、積極的な行動は生まれてきません。

「失敗したらどうしようか・・・」「このままブログを続けていてもどうせPVも伸びない・・・」このようなネガティブなフォーカスは、停滞を生み出すだけです。

 

行動を起こし、モチベーションを高く保つためには、ポジティブなフォーカスが必要なのです。

「何をしたら感動してもらえるのだろうか」「最高のブログとは何だろうか」

人はフォーカスするものに向かって進んでいきます。

常に未来を新しく考えていくことによって、次の行動への原動力とします。未来は過去の延長線上ではなく、新しく創り出す物であると考えましょう。

 

モチベーションを高く保つためのフォーカスの向け方は、ToDoリストフォーカスではなくリザルトフォーカスであると言われています。

目指す結果を考え、それに向かって行動を起こしていく。それをどんどん更新していくことによって、さらなる原動力を生み出していく、これがリザルトフォーカスです。

 

未来へフォーカスを向ける技術を養うためにも、自分がこれからの人生でどうすれば最高であるかを考えてみてください。

・人生でどんな趣味や冒険を経験できたら最高だろうか

・人生でどんな人間関係を築けたら最高だろうか

・人生でどんな仕事やキャリアを実現できたら最高だろうか

・人生でどんな社会貢献ができたら最高だろうか

・自分は本当はどんな人生にしたいのか

 

自分が望む最高の結果にフォーカスを向けることで、その結果を生み出すためには何をしなければならないかがわかってくると思います。

こうやって、フォーカスを未来に向けることで、次への行動の原動力が生まれ、意欲ある行動が取れるようになるのです。

 

ボディ(身体)

身体の使い方は、人の行動と密接に関わってきます。

自分自身でモチベーションを生み出すセルフモチベーションスキルにおいて、身体の使い方は自身の感情をコントロールする重要な要素になります。

 

行動は感情によって生まれます。積極的な行動を創り出す鍵は、自信、活気、愛といった行動を促進するような良質な感情を創り出すことにあります。

 

多くの人は、感情は外部の環境によって引き起こされると考えられています。しかし、感情は外部の環境が創り出す物ではなく、出来事に対するその人の意味づけが創り出す物なのです。

 

感情は自分で創り出すことができます。感情にもっとも影響を与えるのが身体と言葉の使い方です。

多くの人は身体と言葉の使い方が自分の感情にどれほどの影響を与えているかに気がついていません。生まれついてやる気の無い人はいないのです。やる気が出ないような身体と言葉の使い方をしているのです。

 

もし自分の感情と身体・言葉の習慣的なパターンに気づき、質の高い使い方をすれば、いつでも感情の状態を引き上げ、行動と結果の質を高めることができるのです。

 

ではここでまた簡単なテストを。

身体の使い方には5つの要素があります。

・姿勢

・表情

・呼吸

・動作

・発声

 

イスにしっかり背筋を伸ばしてまっすぐを向いて座ってください。表情はにこやかに、むしろ無理やり笑ってるくらいでもいいです。

呼吸は静かに深くゆっくりとした呼吸を心がけてください。

そして、両手を挙げてバンザイをしながら大きな声で「すごく悲しい!」と言ってみてください。

 

全然悲しくならないですよね?

 

逆に猫背にしてどんよりとした表情で、落ち着かない呼吸でてを下にだらんとして小さくつぶやくような声で「すごく悲しい・・・」と言ってみてください。

 

悲しくないはずなのに悲しい気分になっていきませんか?

 

このように、身体の使い方一つで感情はプラスになったりマイナスになったりすることを理解して欲しいと思います。

 

マインド(メンタルプログラム)

 

人の行動は、心の中にあるメンタルプログラムが創り出しています。

ほぼ無意識のうちに創り出される物で、人生の様々な経験の中で自分自身でプログラミングしてきたものです。それが無意識かであなたを動かし、あなたの現在の人生を形創っています。そして、そのプログラムがあなたの未来を創造するのです。

 

より良い人生にしようとしたら、より良い人生を生きられるようなプログラムが必要です。望ましい人生に向かって進むために不要なプログラムは、適切な物に置き換える必要があります。

 

自分のライフビジョンを明確にし、そこに向かうために不要なプログラムを見つけましょう。認識するだけで、プログラムの修正は始まります。だから、まずは自信のプログラムを理解しましょう。

 

プログラムはあなた自身で創った思い込みです。あなたが創った思い込みだから、あなた自身で創りかえることができるのです

 

代表的なメンタルプログラム

・ライフルール

自分は~でなければならない、世界は~でなければならない

自分は~であってはならない

(行動と感情のルールがあり、背景に社会的観念が影響している場合が多い)

 

・グローバルビリーフ

人生に影響与えるような思い込み

人生とは~である、仕事とは~である、家庭とは~である

 

・自己評価

自分は重要な人間か、自分は有能か、愛すべき人間か

 

・アイデンティティ

自分はどんなプロか、どんな親か、自分はどんな人間なのか

 

このようなメンタルプログラムを自分で見つめなおして、書き換えることにより、行動を起こすことができるようになるはずです。

 

まとめ

だいぶ長くなってしまいました。

簡単にまとめると、セルフモチベーションスキルは、自分のモチベーションを外部からの刺激に頼ることなく、自ら高めることができるスキルであると言えます。

 

いくつかの要素を織り込みましたが、これらすべてを一度に実践するとパンクしてしまいます。

一つずつ、自分にあったやり方を実践していくことによって、あなたのモチベーションは確実にアップしていくはずです。それは自分自身が作り出すモチベーションです。外部から受けるモチベーションよりもはるかに高いモチベーションを持って行動することができるでしょう。

 

ブログの運営は、PVだったり、周りのブロガーの行動が気になったりすると思います。

まずは自分がどうありたいのか。このブログを運営して最終的にはどうしたいのか。フォーカスを未来に向けて、自身のモチベーションの向上に繋げてください。

 

私もまだまだ駆け出しの身です。私は陸マイラーを始めてすぐに、このブログを立ち上げました。まさに今、モチベーションの低下が起こってきていたわけですが、このセルフモチベーションスキルの記事は、過去に講習で受けたことがある内容を思い返しながら自分のモチベーションアップに繋げようと思って書きました。

 

私の今の目指すフォーカスは、家族で海外旅行へファーストクラスで行くことです。もちろん、それを達成したら次は何をしたいかも考えているつもりです。

そのための原動力としてこのブログを運営しています。そのために何をしなければならないかを常に自問自答して、これからのモチベーション維持に繋げて行きたいと思っています。

 

皆さんも、お互いに切磋琢磨しながら、よりよいブログを運営できるよう頑張りましょう!