読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この素晴らしいマイルに祝福を!~このすマ!~

マイルのことや、節約、育児、趣味とかいろいろ書いてます。 このすマ

【2017年SFC修行】初の海外SFC修行!3月にSINタッチを予約してみました。

2017年SFC修行の日程を日々考えて楽しい毎日を過ごしています。

 

そしてついに、初の海外SFC修行を予約しました!

今ならプレミアムエコノミーで行くシンガポール往復が期間限定料金で利用できます。

プレミアムエコノミー導入路線拡大!|ご旅行の準備[国際線]|ANA

 

行程については、まるさんの記事を参考にさせていただきました!

 

海外SFC修行を使用か悩んでいる人、SINタッチをしようと思ってるけど実際どうなの?と思っている人の背中を押せるような内容でお送りしたいと思います。

 

 そもそもSINタッチって?

SINタッチに馴染みの無い人もいるかと思いますので簡単に説明を。

【往路】東京 → 那覇 → 東京 → シンガポール

【復路】 シンガポール → 東京 → 那覇 → 東京

このような日程を0泊3日でこなすことを修行僧の間ではSINタッチと呼んでいます。

シンガポール(SIN)での滞在が24時間前後と短いため、ただシンガポールにタッチして帰ってくるようになることからこのように呼ばれています。

 

SINタッチについてはまるさんが詳しく解説してくださっていますのでこちらを参考にしてください。

今回予約した期間限定料金の注意点

シンガポール往復の期間限定料金には、何点か注意点があります。

日程を上手く合わせればとても効率のいい修行ルートになりますので、注意点を考慮して日程を考えて行きましょう。

 

①販売期間と設定期間

予約できる時期と予約可能な期間が決まっています。

 

販売期間:2016年12月5日~2017年3月17日
設定期間:2016年12月22日~2017年3月31日

 

設定期間は3月末までありますが、私が予約した12月19日の時点で、結構満席となっている便がありました。実際私が乗りたかった便は満席で、少し日程を変更して予約しています。

 

②運賃規則がちょっとややこしい

今回の期間限定運賃は、Value E-19の運賃規則になっているようです。

運賃規則|ANA国際線

 

長期滞在する人はそこまで縛られないかもしれませんが、SINタッチを考えている人には運賃規則に注意しなければいけません。

 

と言っても、土曜日東京発、日曜日シンガポール発であればこの運賃規則が適用されますので、土日で修行を終えたいと考えている人は深く考えなくてもいいのかもしれません。

 

実際に3月のSINタッチを予約してみた

今回私が予約できたのは、今の時点で予約できる国際線と追加できる国内線区間を足した分です。

 

今回のプランの最大のメリットはプレミアムクラス利用で格安料金のシンガポール往復ができることです。

 

予約はANAのホームページトップ画面から入っていきます。

単純シンガポール往復の場合はこちらの画面から予約画面に行くことができます。

 

f:id:dragontails6885:20161221224537j:plain

 

こちらから空席照会できます。

f:id:dragontails6885:20161221224603j:plain

 

私は国内線乗り継ぎも一緒に予約しているので、こちらのほうから予約します。

国際線航空券のタブをクリックして、複数都選びます。

f:id:dragontails6885:20161221224719j:plain

 

 私はこのような日程で予約をしています。(日付は違いますが3日間の日程です)

f:id:dragontails6885:20161221225601j:plain 

実際に予約した日程はこうなりました。まだ発売になっていない乗継旅割の分は反映されていません。

f:id:dragontails6885:20161221225920j:plain

 

【金曜日】

大館能代空港(ONJ)→羽田空港(HND)→那覇空港(OKA)→羽田空港(HND)

 

【土曜日】

羽田空港(HND)→シンガポール(SIN)

 

【日曜日】

シンガポール(SIN)→成田空港(NRT)→羽田空港(HND)→秋田空港(AXT)

 

金曜日の大館能代空港ー那覇空港は乗継旅割を使って別で予約する予定です。

後半の成田空港から羽田空港の移動と、帰りがスタート地点の大館能代空港ではなく秋田空港である点でかなりロスしていますが、3日間の日程でこなすにはこれしかありませんでした。

 

4日間にすると嫁さんに言ったらかなり怖い顔されたのです。

嫁さんの機嫌を損ねないように修行するのも修行僧の務めだと思っています(笑)

 

羽田空港を基点にできる人であれば、前後にHND-OKA-HNDをつけるとPP効率が大幅にアップしますので、オススメです。

 

肝心のPP単価は?

 まだ大館能代空港ー羽田空港ー那覇空港の乗継旅割分が予約確定していませんが、乗継旅割の最安値で計算したいと思います。

 

【大館能代ー羽田ー那覇】(乗継旅割)

15500円/1947PP=7.85円

【那覇ー羽田】(国際便国内乗継分)

5000円/1968PP=2.51円

【羽田ーシンガポールー羽田】

105340円/10736PP=9.81円

【羽田ー秋田】(国際便国内乗継分)

5000円/558PP=8.96円

 

【航空券料金合計】130,840円

【獲得PP】15209PP

【PP単価】8.60円

 

最終的にPP単価は8.6円と、まずまずの結果になりました。

 

シンガポール(0:35)-成田(8:45)の便が満席のため予約できなかったちょっと残念でした。

日程が合えば、最後の羽田ー秋田を羽田ー沖縄ー羽田ー大館能代にする予定だったので、もっとPP単価が下がっていたと思います。

 

海外修行は、国内線乗り継ぎを上手く使えるかがPP単価を下げるキーだと思うので日程が合う人は国内乗り継ぎを上手く組み合わせると良いでしょう。

 

 SINタッチは予算的にも日程的にもオススメ 

 

 今回のSINタッチもPP単価は8.6円とまずまずの値段で修行ができています。

私の場合、地方発着ですので金曜日の日中から修行開始になり、帰ってくるのは日曜日の夜になります。金曜日に休みを取れば3日間の日程で一気に約15000PPを獲得できます。

国内路線だけで修行をした場合、私が1回目のSFC修行で予約した路線では2日間で7378PPとSINタッチに比べれば少なく感じます。

 

SINタッチの魅力は効率の良いPP単価と、短い日程で大量のPPを獲得できることだと思います。

 

3月までに解脱したい人、3月までにブロンズメンバーまで持って行きたいような人には特にオススメしたいです。

 

シンガポールへ行ったら行ってみたいところ

まだ詳しく調べることができていませんが、先人の旅行記を参考にして24時間という短い滞在ですが最大限楽しみたいと思っています。 

 

やっぱりマーライオンは見ておきたいですよね。

f:id:dragontails6885:20161223192500p:plain

出展:シンガポール政府観光局公式ウェブサイト - YourSingapore.com

 

『ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ』も行ってみたいです。

f:id:dragontails6885:20161223192521j:plain

出展:シンガポール政府観光局公式ウェブサイト - YourSingapore.com

 

シンガポールといったら海南鶏飯(ハイナンジーファン)が真っ先に思い浮かんだので、絶対食べてきたいと思っています。

f:id:dragontails6885:20161223193258j:plain

出展:海南鶏飯 - Wikipedia

 

 

他にもシンガポールはいろいろな観光地や食べ物がありそうなので、今からよくリサーチして最大限楽しんできたいと思っています。

あとは前に海外旅行に行ったときに便利だった『世界の歩き方』を購入して事前勉強に励みます!

 

 まとめ

 SINタッチは2017年もSFC修行組の大きな力になってくれることは間違いなさそうです。

今回のプランは期間限定のため日程が制限されてしまいますが、上手く利用すれば短期間で大量のプレミアムポイントを獲得できます。

 

仕事をしながら、休日の合間を縫ってSFC修行をする人にはぜひ海外修行も検討してもらいたいと思います。

 

SFC修行は一度きりです。PP単価を追い求めつつ、行った事の無い場所へ行くのも修行の楽しみだと思うので、可能な限りいろいろなルートを楽しめるように予定を立てたいですね!