読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この素晴らしいマイルに祝福を!~このすマ!~

マイルのことや、節約、育児、趣味とかいろいろ書いてます。 このすマ

てるみくらぶ破産の記者会見の内容。返金や保障はどうなるのか。

f:id:dragontails6885:20170327133725j:plain

てるみくらぶの倒産を受けて、27日11時から山田社長が記者会見を行いました。

 

旅行パッケージ販売の草分けと会見内で自負されていましたが、今回のてるみくらぶ倒産は、利用者を含め、業界全体に大きな波紋を呼びました。

 

そして27日13時現在、関連会社で、てるみくらぶと社長が同じである旅行代理店『自由自在』も営業停止となっています。

 

会見の内容や、見た感想などを書いておきたいと思います。

 

 

 

てるみくらぶ記者会見の内容

 

 

 会見で明らかになった内容をいくつか箇条書きで書いておきたいと思います。すべて網羅しているわけではないのであらかじめご了承ください。

 

・てるみくらぶの利用者は倒産時点で約36,000人。27日の時点で、海外へ渡航している利用者は約3000人いるとのこと。

 

・倒産に至った経緯は、 国際航空運送協会(IATA)への約4億円の返済期限が23日で、金融機関や、スポンサーから22日に資金の提供を受けることができる見込みであったが、それができなくなってしまったため。

 

・負債総額は約150億円。内訳はてるみくらぶ利用者に対する債務100億円、金融機関等に32億円、IATA、航空会社、ホテル等に18億円とのこと。

 

・山田社長の話によると、倒産を決めたのは27日朝。それまでどうにかして利用者の利益を守ろうと努力したが、逆にそれが仇となって、この結果を招いてしまった。

 

・資金繰りが上手くいかず、結果として自転車操業になっていた。

 

・てるみくらぶ社員は約70~80人。今回の倒産騒動が終結してから解雇となる予定。社長はなんとかして社員は別の企業で働けるように努力したいと言っている。

 

・関連会社の自由自在についての言及は無かった(と思う)

 

・利用者に対する負債額100億に対して、弁済業務保証金制度で返済できる金額は1億2千万円。保障で利用者に戻ってくる金額は、支払った額に対して約1%になる見込み。

 

以上が私が会見を見ていて確認できた事項になります。

 

てるみくらぶ利用者に返金はありえるのか?

一番気になっていることはここだと思います。3万6千人もの利用者に影響があるわけです。利用者に対する負債額は約100億円それに対する補償額は1億2千万円です

 

ざっくり計算して戻ってくる金額は1%程度です。10万円支払っていたとして、保障で返ってくるのは千円程度ですか。ちょっと酷すぎますよね。

 

 

HP上にもありますが、一般社団法人日本旅行業協会に申込みをすることで、保証金という形で弁済制度の適用内で保障を受けることができます。

認証申出書類送付依頼_JATA

 

てるみくらぶで申し込みをしていて、すでに支払いが完了している人は、このリンクから申し込んでください。

 

 

クレジットカードで支払っていた人なら、クレジットカード会社によっては保障を受けられるところもあるようです。

id:mileageloveさんがクレジットカード会社へ直接問い合わせして確認した結果を記事にしていますのでご参考にしてください。

mileagelove.hateblo.jp

 

あとは破産申請したあとの、財産処理や、預託等で返済がある可能性がありますが、関連会社の自由自在の営業停止したことを考えると、関連会社を含めた全体で負債がかなり膨らんでいることが予想されます。保証金以外での返済は無い物と考えたほうが良いかもしれません。

 

もしかすれば、これだけ大勢の利用者がいるため、集団訴訟が起こる可能性もあります。動向を見極めて、対応することも求められるかもしれません。

 

追記

クレジットカードで支払っている人は、今すぐクレジットカード会社へ電話をしてみてください。てるみくらぶからの旅行の提供が受けられないことが確定しているため、支払いをしなように『支払停止の抗弁』を行うことができます。

www.bengo4.com

クレジットカード会社も今回の内容は把握しているため、従来の対応より柔軟に対応してくれる可能性があります。まずはクレジットカード会社へ問い合わせを行ってください。

 

利用したクレジットカードの裏面に書いてある電話番号へ電話すればOKです。

 

 

てるみくらぶ側の対応は?

現在てるみくらぶのHPには、お知らせと書かれた文面が記載されており、従来のサイトは跡形もなくなっています。

 

てるみくらぶHP

 

関連会社の自由自在も営業を停止した旨をHP上で公開しています。まだあまり明るみになっていませんが、こちらも被害は大きそうです。

 

自由自在HP

 

てるみくらぶではお問い合わせ窓口を設置していますので、利用者の方はまずこちらに一度お問い合わせしてください。

【弊社お問合せ窓口】
   TEL:03-3499-7555 (平日10:00~17:00)
   FAX:03-3499-5600

 

 てるみくらぶHPは、お知らせを随時更新している状態です。27日13時の時点で、新たに破産管財人就任のご挨拶が追加されていました。

今後も新しい情報がHP上で更新されていくと思いますので、小まめに確認しましょう。

 

海外にいて困っている人はどうするべきか。

海外渡航中の人は自力で帰ってきてくださいという極めて無責任な対応に憤りを覚えます。

 

残念ながら私は海外渡航歴が少なく、的確なアドバイスをすることができません。

しかし、海外で忘れ物をしたときに対応してくれる窓口がありました。この窓口は海外での困ったことに対して対応をしてくれるものになります。

 

もし、海外でどうしたらいいか困っている人は、次のカード会社が提供している海外コールセンターへ電話してみてください。

 

JCBのカードを持っている人であれば、JCBプラザコールセンターのサービスを誰でも利用することができます。

 

クレジットカードにJCBブランドのマークが付いていればどのカードでもOKです。

 

JCBプラザコールセンター(海外)は、クレジットカードの紛失・盗難のお問い合わせはもちろん、海外旅行中の万が一の事故や緊急トラブル時に電話で相談できるサービスです。ケガや病気の際の病院案内のほか、クレジットカード・パスポートの紛失・盗難など、海外での不慮の事故やトラブルに日本語・英語でサポートします(24時間・年中無休)。

 

各国のJCBプラザコールセンターの電話番号はこちら

国・地域名電話番号
北米
アメリカ※1 18554970395
カナダ 011-800-3865-0094
ハワイ 18554533944
グアム 18553492442
中南米
ブラジル 08008923950
アルゼンチン 00-800-3865-0094
ヨーロッパ
フランス 00-800-3865-0094
イギリス
イタリア
ドイツ
ノルウェー
ベルギー
スイス
オーストリア
デンマーク 80251116
オランダ 08000234261
中東
イスラエル 014-800-3865-0094
南アフリカ
南アフリカ 00-800-3865-0094
アジア
香港 001-800-3865-0094
韓国
シンガポール
タイ
中国(北部)※1 108006500640
中国(南部)※1 108002652613
台湾 00-800-3865-0094
マレーシア
フィリピン
ベトナム 12065121
インドネシア 001803657111
オセアニア
オーストラリア 0011-800-3865-0094
ニュージーランド 00-800-3865-0094

表中の電話番号につながらない場合、または上の地域以外からおかけの場合

1-213-688-0094(アメリカ着信)
 (24時間・年中無休/日本語・英語のみ対応)

 

海外で利用する場合、JCBのカード番号が必要になりますので、準備が必要です。

JCBブランドであれば、プロパー、提携問わず利用できます。

 

他のカード会社でも同じようなサービスがあるようです。

主なカード会社のサービスデスクのページはこちら

テレホンガイド|クレジットカードの三井住友VISAカード

海外旅行先での日本語サポート - アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのトラベル - クレジットカードはアメリカン・エキスプレス(アメックス)

海外アシスタンスデスク-セゾンカード・UCカード

 

JCBカードが無くても、他のカード会社で対応することも可能ですので、あきらめずに電話してみてください。

 

 

クレジットカードを持っていないという人は、各国の日本領事館に問い合わせるという方法もあるかと思います。対応してくれるかははっきりわかりませんが、可能性はあるかと思います。

 

格安旅行というパッケージ型旅行のモデルケースの危うさ

すべての旅行代理店が当てはまるわけではないと思いますが、てるみくらぶのように、格安を謳い文句にして大々的に販売しているところは、このような事態が起こるかもしれない不安要素を持っていることを露呈した今回の騒動だった思います。

 

明らかに旅行の内容に対して金額が安すぎるものは、利益率はかなり悪いはずです。

今回の会見で、赤字のパッケージを販売していたのではないか?と聞いていた記者がいましたが、そこは山田社長は明言を避けていました。客寄せの意味合いで赤字のプランがかなりあったのではないかと推測しています。

 

こういった格安旅行代理店を利用する人は、金銭的に裕福な人は多くないと思います。せっかく格安な料金で憧れの海外旅行に行けると喜んでいたところに倒産という最悪の結果が訪れたことは不幸以外の何物でもありません。心中お察しします。

 

自分で航空券を手配するようになってから、旅行代理店を使うことが無くなった私ですが、改めて自己責任ということの重さを身に染みて感じています。旅行代理店を利用したからといって、必ず保障されるわけではないということを覚えておかなければいけませんね。

 

id:bacchus--dionysosさんが、参考になる内容を記事にされていますので、ぜひご覧ください。

www.moving-to-phuket.asia

 

おわりに

現在渡航されている方が約3000人いるとのことで、すべての人が無事に日本へ帰ってこれることを心から祈っております。また、少しでも多くの人にお金が返ってくることを願っています。

 

てるみくらぶの対応は、正直いい対応とは思えません。保証金の依頼も自分で行わなければならず、戸惑う人も多くいると思います。

倒産が計画的であったかはわからないのであまり言及しませんが、支払期限は前から把握していたはずですし、こうなる前にもっとできる対応があったはずです。計画的であったのならば悪質としか言えません。しかるべき対処をてるみくらぶは取るべきだと思います。

 

3月29日、てるみくらぶは3年前から粉飾決算を行っていたことが明らかになりました。

相当悪質であり、許されることではないと思います。

今後の対応が注目されます。

 

格安で海外へ行くことができるというのは本当に魅力的なことだと思います。

今後このような事態が起こらないように、旅行代理店はしっかりとした販売を行い、利用者が満足できる営業を行って欲しいです。

 

 

私の場合は、マイルを貯めて、無料の特典航空券を発券して旅行をするので、このような事態に巻き込まれることが無いのが救いです。

旅行は自己責任になりますが、旅行代理店を利用してもこのようなことが起こりえることを考えれば、自分ですべて手配して行ったほうが安全かもしれません。

マイルを貯める方法は下記の記事に詳しく書いてありますので、ぜひご覧ください。 

www.japan-sake-mileage.net

 

 

www.japan-sake-mileage.net

 

 

www.japan-sake-mileage.net

 

 

www.japan-sake-mileage.net

 

 

www.japan-sake-mileage.net