この素晴らしいマイルに祝福を!~このすマ!~

マイルのことや、節約、育児、趣味とかいろいろ書いてます。 このすマ

台風やばそうだから知っておくと便利な防災情報サイトをまとめてみる

最近大雨の災害が頻発してますね。

 

 

7月には秋田県も豪雨災害に見舞われました。

 

 

 もういつどこで豪雨災害に会うかわからない時代になってしましましたね。

 

 

うちも川よりずっと高いところに住んでいるので、増水は大丈夫なのですが、家の後ろの方には何軒か置いて裏山があります。

とんでもない大雨が降ったら、土砂崩れが起きても不思議ではありません。

 

 

災害が起きるのは自然の力なので防ぎようが無いのですが、予め対策を取っていたり、事前に情報を集めていたりすると、その被害を軽減することができます。

 

正しい知識と、情報の集め方を覚えて、災害に立ち向かう力を備えておけば、少しは不安も無くなるのではないでしょうか?

 

 

 

まぁ、あれだ、自然を舐めるなよ!

 

 

 

いつ災害が起こってもいいように普段から備えておくことは本当に大事。

 

 

実はわたくし、こう見えても「防災士」を取れる資格を持ってるんですよ(えっへん!

お金かかるので取ってませんけど(笑)

 

と言うわけで、今回は台風も近づいていることですし、大雨、洪水、土砂崩れに特化した情報を集められる防災情報サイトについて書いてみますよ!

 

 

 

①危険な箇所がわかる「ハザードマップポータルサイト」

 

ハザードマップってご存知ですか?

 

一度は耳にしたことがあるんじゃないかと思います。

ハザードマップって言うのは、市町村が作った「ここで災害が起こると危ないよ!」っていうのを災害別にマップ化したものです。

 

洪水ハザードマップ、津波ハザードマップ、土砂災害ハザードマップ、火山ハザードマップなどいろいろあります。

 

 

各家庭に配っているところもあるんですが、まぁ見たこと無い人のほうがほとんどでしょう!ましてやどこが危ないかなんてまったくわからないですよね普通。

 

なので、一度は目を通しておきましょう!それだけであなたの災害に対する意識は各段位レベルアップするはずです!

 

 

で、ハザードマップってどこで見れるの?

 

 

ここで見れます。さすが国土交通省。全国の作成されているハザードマップを一応網羅している形です。

disaportal.gsi.go.jp

 

 

特に重ねるハザードマップがなかなか見やすくてわかりやすい。(スマホサイトだとちょっと見づらいですけどね。)

 

f:id:dragontails6885:20170804173648j:plain

 

試しに東京駅を調べてみました。こんな感じで想定される災害情報なんかも表示されます。

f:id:dragontails6885:20170804174340j:plain

 

 

ただ、これだけだと断片的な情報になってしまうので、やはり市町村等で作成しているハザードマップを一度は見ておくことを強くオススメします!

 

わがまちハザードマップで自分の住んでい都道府県と市町村を選択すると、作成されているハザードマップが公開されているページが表示されるようになっています。

f:id:dragontails6885:20170804175242j:plain

 

 自分の住んでいるところのハザードマップは一度は目を通しておきましょう!

 

②全国の避難所情報がわかる「全国避難所ガイドアプリ」

災害が起こったとき、「みんな避難所に逃げてね!」と、防災無線やメールで知らせてくれる素晴らしい時代になりました。

 

ですが、いざ避難しようと思っても、避難所ってどこだ?ということになりかねません。

 

普段から避難所を把握しているのがもちろんベストです。ですが、出先であったり、まだ地元の地理に精通していない場合は、困ったことになります。

 

そんなときに便利なのが、この「全国避難所ガイドアプリ」です。

www.hinanjyo.jp

 

アプリはここからもダウンロードできます。

 

 避難所を調べることだけでなく、安否確認や、指定したエリアの防災情報を通知してくれるアプリです。

f:id:dragontails6885:20170804232704p:plain

 

避難に関する市町村の情報は、避難準備情報、避難勧告、避難指示とレベルアップしていきます。

 

いざというとき、やばい!避難所わからない!という人でもこのアプリがあれば避難所の場所を確認するのに役立ちます。

 

 

使うことが無いのが一番ですがね!万が一のときに入れておいて損は無いと思います!

 

③川の水位や雨量がわかる国土交通省のテレメーター「川の防災情報」

これ、結構知らない人多いサイトなんですが、市町村の危機管理室レベルも見ているサイトです。

国土交通省「川の防災情報」

 

「川の防災情報スマホ版」スマホはこっち

 

 

リアルタイムで川の水位がわかってしまう凄いサイトなんです。あと雨量も。

まぁ観測地点のある場所だけですが、かなりの範囲を網羅しています。

 

f:id:dragontails6885:20170804232848p:plain

 

こんな感じで、川の断面図で、今これくらい水位があるよーと教えてくれます。

f:id:dragontails6885:20170804233006p:plain

 

川の水位によって、危険度が決められているんですが、とりあえず氾濫注意水位まで行ったら結構ヤバイので逃げるかいつでも逃げれるようにしておきましょう。

 

 

あ、そうそう。川の水位が上がってきたからって、絶対に川を見に行ったらダメですよ?死にますよ?

 

④天気に関する総合情報サイト「tenki.jp」

これは普段から天気予報で見ている人も多いかな?

 

tenki.jp

 

 使っている人も多いと思う日本気象協会の公式サイトtenki.jp

名前からして気象庁と関係ありそうだけど関係ありません。民間の気象予報会社です。

 

アプリ版もあります。

tenki.jp 天気・地震・台風やレーダーで雨雲もわかる天気予報を App Store で

tenki.jp 天気・地震など無料の天気予報アプリ - Google Play の Android アプリ

 

ここのサイトのいいところは、スマホでも見やすい雨雲レーダーの予想図です。

 

f:id:dragontails6885:20170804233708p:plain

 

6時間後までの雨雲の予想を見ることができるので、どれくらい降るのかの予測がたてやすいです。そして結構当たります。

 

アプリ版は前後1時間見ることができます。

f:id:dragontails6885:20170804234451p:plain

 

この雨どれくらい降り続くのよ・・・、と途方に暮れるのではなく、自分から調べて行動を起こしましょう!

 

自分の身は自分で守る!

自助共助と言いますが、基本的に自分の身は自分で守る!

 

これは大前提です。

 

今向かってきている台風5号だけでなく、いつ災害が襲ってくるかわかりません。

 

常日頃から、防災の意識を持って、災害に立ち向かう心構えを備えておきましょう。

 

 

 おわりに

いやー、台風5号やばいですね。

直撃が予想される地域の人は、これからの台風情報をしっかり確認しましょう。

 

秋田も直撃しそうだなぁ・・・。

 

今回紹介したサイトを有効活用してみてくださいね。全部無料です。

 

 

少しでも被害が少なく終わることを願っています。