読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この素晴らしいマイルに祝福を!~このすマ!~

マイルのことや、節約、育児、趣味とかいろいろ書いてます。 このすマ

ギャラクシーフライトを利用したSFC修行のすすめ

f:id:dragontails6885:20170201133539j:plain

SFC修行をしたいけど、休みが取れないよ!という人向けの記事です。

 

ANAのギャラクシーフライトの予約が始まっています。

ギャラクシーフライトとは、羽田空港ー那覇空港を深夜便で往復する期間限定運航便の総称です。2014年から始まり、今年で3年目を迎えます。

 

運航を開始した2014年は、深夜に運航されていた貨物便B777-300の一部座席を開放してのフライトでしたが、2015年からはB777-200で運航が行われています。

 

今年のギャラクシーフライトも、B777-200で運航されることが決まっており、深夜の運航にもかかわらず、多くの人を乗せて飛ぶことができる設定になっています。

 

もちろん、プレミアムクラスの設定もあります。

 

実はこのギャラクシーフライト、深夜運航便であるためか運賃がかなり安いです。

休みを効率的に使う旅行にも使えるほか、SFC修行の幅を広げることができます。

 

今回は、ギャラクシーフライトを利用したSFC修行について考察してみようと思います。

 

ANAギャラクシーフライトについて

f:id:dragontails6885:20170201105443j:plain

 ANAギャラクシーフライトは、7月14日(金)~8月31日(木)の期間で下記の便が運航されます。

東京(羽田)→ 沖縄(那覇)沖縄(那覇)→ 東京(羽田)
便名: NH999
発 22:55 → 着 01:35
便名: NH1000
発 03:35 → 着 05:55

 

注意事項としては

NH999便は日曜日の設定がありません。

(7/16・7/23・7/30・8/6・8/13・8/20・8/27・8/31)

NJ1000便は7月14日及び月曜日の設定がありません。

(7/14・7/17・7/24・7/31・8/7・8/14・8/21・8/28)

なので、日曜日の夜中に飛んで月曜日の早朝に帰ってくるという行程に使うことはできないんですねー。

 

ギャラクシーフライトを利用したギャラクシーSFC修行を考えてみる。

 ギャラクシーフライトを使ったSFC修行は、宿泊をする必要も無く、PP単価を抑えることができる魅力的な面を持っています。

 

往復で利用することも可能で、HND-OKAのタッチ修行として使うことができます。

仕事終わりに真夜中のSFC修行。飛行機の中で寝て、そのまま仕事へ行くというまさに苦行を味わうことができるでしょう。

 

3月までにブロンズを達成している人や、まだSFC修行を終えていない人、またはDIA修行をするという人もPP単価を抑えた効率の良い修行ができると思います。

 

ギャラクシーフライトの運賃とPP単価のについて

ギャラクシーフライトの運賃は7月と8月で若干の差があります。

 

旅割75の最安値で羽田ー那覇を往復した場合のPP単価を計算してみます。

  金額 PP PP単価
7月 19980 2952 6.77
8月 24390 2952 8.26

 

 7月の最安値で往復利用した場合はPP単価が6.77円と、なかなかいい結果が出ました。

若干料金が上がる8月の利用でも8.26円と、それほど悪くない結果となっています。

 

当日プレミアムクラスが空いていると仮定して、当日アップグレードができた場合のPP単価はこちら。

  金額 PP PP単価
7月 37980 4920 7.72
8月 42380 4920 8.61

 

獲得PPもグッと上がり、PP単価もそれほど悪くない結果となっています。

当日プレミアムクラスに空きがあることが前提になってしまいますが、余裕がある人は検討してみてはどうでしょうか。

 

今後プレミアム旅割28の設定金額も発表されて来るでしょうから、プレミアム旅割28との比較も検証していきたいと思います。

 

ギャラクシーフライトのみを利用してSFC解脱は可能か?

 まったく休みが取れないので、真夜中に運航するギャラクシーフライトだけを利用して仕事の合間にSFCを取りたい!というマゾな人のためにギャラクシーフライトのみのSFC解脱が可能か検証してみます。(ネタだと思って生暖かい目で見てください)

 

旅割75を利用して羽田ー沖縄往復で得られるプレミアムポイントは2952PPになります。SFCを解脱するために必要な50000PPを貯めるためには17往復しなければなりません。

7月は15往復、8月は26往復、あわせて41往復が運航されています。

できる限り最安の7月に飛んで、残りは8月で消費するという計画で行きたいと思います。

 

この記事を書いている2月1日現在で検証します。

ANAのギャラクシーフライト公式ページから空席を検索します。

羽田⇔沖縄線の早朝・深夜便「ギャラクシーフライト」が始動!│航空券│ANA国内線

 

7月の最安値で往復できる日数は7日間、8月の最安値で13日間ありました。

 

SFC解脱に必要な50000PPを貯めるのには、17往復必要です。

7月に7往復、8月に10往復する計算をしてみます。

  金額 PP 往復数 必要経費 獲得PP PP単価
7月 19980 2952 7 139860 20664 6.77
8月 24390 2952 10 243900 29520 8.26
合計     17 383760 50184 7.65

 

PP単価が7.65円というかなりいい結果となりました。

ギャラクシーフライトのみを利用してのSFC解脱は可能のようです。

 

これで仕事帰りに羽田空港へ行き、そのまま深夜のフライトを寝ながら過ごし、次の日の朝にはまた仕事をしているという飛行機が僕のベット状態が楽しめます。

 

普通席だけだときついと言う人は当日アップグレード、またはプレミアム旅割28での予約も考えて見ましょう。時々優雅に過ごす夜があると修行の励みになります。

 

平日休みが多い人にもオススメできるかもしれません。仕事終わりにそのままギャラクシーフライトでOKAタッチ。機内でも寝て、家に帰っても寝る。最高の休日じゃないですか。

 

ですが、すべてをギャラクシーSFC修行でこなすのは体力的にかなり厳しいと思われますので、SFC修行の一部に組み込む程度で辞めておいたほうがいいと思われます。

 

ギャラクシーSFC修行はこんな人にオススメ

 ・休みが少なく、日中は仕事で飛行機に乗る暇が無い

 

休みがなかなか取れない人は、夜の時間を利用して修行することができます。仕事帰りに羽田空港へ直行。そのまま仕事へ向かうことも可能です。

 

・嫁さんや旦那に秘密で修行したい

 

 

家族で内緒で修行をしている人は、ギャラクシーフライトを利用することで秘密裏に飛ぶことができるでしょう。

飲み会で友人宅に泊まると言っておきましょう。ANAは友達です。間違ったことは言っていません。

 

・家族に負担をかけたくない

特に子育て中の人なら、日中に家を空けることで家族の負担になると思っている人もいると思います。

夜中のフライトなら、みんな寝ている中で修行をすることができます。ただ、帰ってきてから子供の相手をするのは大変かもしれませんが。

 

・ギャラクシーなSFC修行を楽しみたい

純粋にギャラクシーフライトを楽しむ修行をしたい人はぜひギャラクシーフライトでSFC修行をしてください。

普段とは違った修行を味わうことができるはずです。

 

ギャラクシーSFC修行のデメリット

ギャラクシーフライトの最大のデメリットは体力的に辛いということです。

もにもにた (id:monimonita333)さんが実際にギャラクシー修行を行った体験談を記事にしています。

 

しんどかったようで、もう二度とやりたくないとおっしゃっています(笑)

 

まとめ

ギャラクシーフライトは、羽田空港を身近に利用できる人にとってはSFC修行の手段としてPP単価的に見ても、かなりいい部類に入ると思います。

 

また、休みが取り辛い人の修行にも利用できるでしょう。

 

実際に深夜OKAタッチをするギャラクシーSFC修行は体力的に辛い面もあるかもしれませんが、都合に合わせて組み合わせることで、効率的な修行ができると思います。

 

SFC修行の一環に取り入れてみてはどうでしょうか?

 

真夜中の星間飛行、憧れますね!キラッ☆

 

 

www.japan-sake-mileage.ne

www.japan-sake-mileage.net

www.japan-sake-mileage.net

www.japan-sake-mileage.net