この素晴らしいマイルに祝福を!~このすマ!~

マイルのことや、節約、育児、趣味とかいろいろ書いてます。 このすマ

JetKids BedBoxは子連れ旅行が楽になる最高のアイテム!使ってみたのでレビュー

f:id:dragontails6885:20171125090004j:plain

幼い子どもを連れての旅行は、移動がとにかく大変!そして飛行機内では子どもが座席で床に足が付かずにストレスが溜まるようです。

飛行機内でフラットシートを作ることができて、子どもを乗せて引っ張ることができる子供用スーツケース『Jet Kids Bed Box』は、そんな悩みを解決してくれるアイテムです。NHKおはよう日本まちかど情報室でも紹介されていましたね。

 

先日、子どもと一緒に台湾を経由して沖縄旅行へ行ってきました。Jetkidsを購入してから、初めて旅行で使用します。まさかこんなに旅行を楽しい物にしてくれる良いアイテムだとは思いませんでした!もっと早く使えばよかった・・・。

 

ホームページを見た感想や、口コミだけでは判断できない部分がたくさんありました。これは買ってよかった!もっと早く買っておけばよかった!と思えるアイテムだったので、実際に使ってみた感想をまじえながら、早速レビューしていきたいと思います!

 

早速開封!Jetkidsジェットキッズはこんな物

まずは送られて来た状態から。Jetkidsは、このような箱に入っています。

f:id:dragontails6885:20171125072508j:plain

箱から取り出してみました。コストコで買ったサムソナイトのスーツケースと比較しています。機内持込サイズギリギリのスーツケースと比べて小さいのがよくわかります。

f:id:dragontails6885:20171125073024j:plain

 Jetkids公式サイズはこちら高さ40cm×幅20cm×奥行48cmとなっています。

f:id:dragontails6885:20171121145516j:plain

 

ほとんどの航空会社の座席下に収納できるサイズになっています。重さは3kgなんですが、私的にはそれほど重く感じませんでした。妻も片手で楽に持っていたので、女性でも問題なく取り扱える重さだと思います。対荷重は35kgまで。

 

中身は公式サイトでは20Lの容量があると書かれていますが、実際はこのようにマットレスで半分以上が埋まってしまいます。

スーツケースのように荷物をたくさん入れるという用途には適していません。今回使ったときは、子どものおもちゃや、絵本を入れるくらいでした。幼い子どもであれば オムツを入れたりするといいかもしれませんね!

f:id:dragontails6885:20171125073519j:plain

 家のイスでイメトレです。こんな感じで使えるはず。

f:id:dragontails6885:20171125073632j:plain

 Jetkidsの動画も公開されています。この動画を見て、子どもが機内で快適に過ごせそうなのと、空港内の移動でかなり使えそうだな~と思い、購入を決意しました。


BedBox® by JetKids®

 

Jetkidsの使い方。実際に旅行で使ってみました

空港内の移動に大活躍!

正直これほど実際に使ってみて良かったと思うアイテムは久しぶりでした。

 

まずはJetkidsを使っての移動。子どもは35kgまで乗ることが出来ます。

空港内での移動がとにかく楽!かなり重宝しました。子連れでの移動って大変じゃないですか?ここまで楽に移動できるとは思いませんでした。

特に大きな空港では、乗り継ぎ等で長い距離を歩かなければいけません。荷物がある時に抱っこをせがまれれば親のストレス度も上がります。空港内では一度も抱っこをしませんでした。よっぽどJetkidsに乗って引っ張られるのが楽しいようです。

f:id:dragontails6885:20171125074438j:plain

乗るのが楽しすぎるせいか、自分で引っ張っての移動はしてくれませんでした・・・。次は自分で引っ張る楽しさも教えてあげようと思います。

 

タイヤが普通のプラスチックでできたタイヤなので、段差や溝に弱いかなーと思ったのですが、空港内や、整備された通路の上では想像以上にスムーズに引っ張ることができました。

 

機内では足を伸ばすことができる

Jetkidsは機内持ち込みが可能で、座席の下に収納できるサイズです。離陸してシートベルトサインが消えるまでは座席の下へ収納しておきましょう。

f:id:dragontails6885:20171125074525j:plain

Jetkidsの使用方法については、各航空会社で使用が禁止されていたり、使用が制限されています。ANA、JALは制限使用が可能でした。残念ながら横になって寝ることはできないようです。

機内でのJetkidsの使用制限については別記事で紹介したいと思います。

 

実際に機内でJetkidsを使ってみた写真がこちら。

f:id:dragontails6885:20171125075142j:plain
f:id:dragontails6885:20171125075151j:plain

 娘も足を伸ばして座ることができて嬉しいのか、機嫌も上々です。絵本を読んだりして楽しんでいました。  

 

エバー航空で台湾へ行くときに少しだけ横になって寝ていました。が、実はこのように横に寝ることはほとんどの航空会社では禁止されています。

f:id:dragontails6885:20171125075252j:plain

このときはCAさんに指摘を受けませんでしたが、航空法もありますし、なにより子どもの安全を考えると、飛行機の座席で横にして寝せるのは止めたほうがいいでしょう。もっとちゃんと勉強してから行くべきでした・・・。

座って、しっかりとシートベルトをして使用しましょう。 

 

Jetkidsを使ってみての感想まとめ

 Jetkidsの良かった点

・空港での移動がとにかく楽!

・ベビーカーと違ってエスカレーターも大丈夫

・子どもが足を伸ばして座れる

・機内持ち込みで座席の下に収まるのがいい

・良い意味で注目を浴びる

 

実際に使ってみて一番良かったと思うのは空港内での移動!とにかく楽!そして速い。子どもの歩くスピードにあわせて歩かなくてもいいので、空港内での移動はかなりスピーディーに。抱っこして歩くことも無いのでかなり楽です。取り回しも思っていた以上に扱いやすいので、人ごみの中もスルスル抜けていくことができました。

また、ベビーカーとの比較になりますが、ベビーカーはエレベーターを探さなくてはいけなくて何気に不便です。Jetkidsなら乗り降りもすぐなので、階段やエスカレーターで移動が可能。子どもの移動手段としてかなり使えると思いました。

 

座席で足をぶらぶらするのが嫌な子なので、足を伸ばして座れるのは娘にとっても良かったようです。足が付かないと落ち着かないんでしょうね。

 

Jetkidsは機内座席下に収納できます。いちいち上の収納棚から取り出さなくてもいいので楽チンです。

 

そして、空港内でJetkidsを引っ張って歩いていると注目を浴びます(笑)座っている人、すれ違う人、「何あれ」「可愛い~」「あれいいね」といろいろな声が聞こえてきました。いい意味で注目の的になります。

 

Jetkidsの悪かった点

・容量が小さいので荷物があまり入らない

・タイヤがプラスチック製で壊れやすそう

・飛行機内では使用が制限される

・荷物が一つ増える

 

容量はマットレスを入れてしまうと、半分以上埋まってしまうので、ほとんど入りません。圧縮袋を使えばたくさん入れられそうですが、そこまでしなくてもいいのかなと思います。絵本やおもちゃを入れる程度に考えておくのがベストかと。

また、タイヤがプラスチック製で、激しく使うと壊れてしまいそうな感じでした。移動は思っていたよりスムーズでよかったんですけどね。

 

機内でフルフラットで横にして寝せられると思って買ったのですが、飛行機の機内では横にして寝せられない航空会社が多いようなので残念です。新幹線で使用するときには良さそうですね。

 

実際に使ってみると、ここが使いにくい!といった悪い点があまり見当たりませんでした。よくできたアイテムだと思います。

by カエレバ

 

Jetkidsを使う時の注意点

Jetkidsの使用方法について簡単に注意点をまとめておきます。詳しくは別記事でまとめますので、そちらを参考にしてください。

 

・Jetkidsの使用を禁止している航空会社もある

航空会社によってはjetkidsの使用を制限していたり、全面的に禁止しているところもあります。ANA、JALは条件付で使用可能です。利用する航空会社へ確認して使用しましょう。

・機内で使用するときは、必ずシートベルトサインが消えてから

 

機内でJetkidsを使用するときは、必ずシートベルトサインが消えてから使用しましょう。子どもの安全を守るためです。絶対に守りましょう。

・使用することができる座席が決められている

 

これは使用できる航空会社共通です。機内でJetkidsが使用できる座席は「窓側」「中央列の中央席」と決められています。これは緊急時の避難に影響が出ないようにするためのものです。他の席では使用しないようにしましょう。

・子どもだけでJetkidsに乗せて走らせない

 Jetkidsの紹介動画では、子どもが1人で乗って走り回っている描写がありましたが、あれは絶対にやめましょう。危険ですし、子どもが思わぬケガをしてしまう可能性があります。しっかり親がJetkidsの引っ張る紐を持ってあげましょう。

 

子どもの安全が第一です。しっかりと親が見守ながら使用しましょう。

こんな子どもがいる人や、こんな使い方は特にオススメ!

・長時間歩くことが得意でない

Jetkidsに乗っていれば楽チンで子どもの機嫌も悪くなることは少ないでしょう。

・乗り物が好き

乗り物が大好きな子どもには特にオススメ!きっと気に入ってくれるはずです。

・全体的に過密スケジュールでゆっくりする時間が少ない

空港で子どもを抱っこしてダッシュは誰もしたくないですよね。子どものペースに合わせて歩いていると、意外と時間がなくなってしまうもの。Jetkidsに乗せて歩けば大人のペースで移動することができます。

 

個人的には、飛行機内での使用よりも、空港内での移動で重宝しました。ベビーカーと違ってコンパクトなので、移動用だけに購入するのも十分ありだと思います!

by カエレバ

 

Jetkidsの注意点をまとめてみました

実際に使ってみての注意点や、Jetkidsが使えない航空会社などを記事にまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。 

www.japan-sake-mileage.net

 

 

おわりに

f:id:dragontails6885:20171125083056j:plain

子どもと快適な旅を。Jetkidsは、幼い子どもが旅行を楽しむことができる素敵なアイテムだと思います。

 

私に引っ張られて空港内を移動しているとき、ずっと楽しそうでした。小さな子どもにとって乗り物にずっと乗っているような感覚なんでしょうね。とにかく笑顔であふれていました。

機内でも足を伸ばして座ることができるので、長時間のフライトでは子どもへの負担を減らすことがきますね。新幹線はフルフラットで寝せることもできます。レビューを見ていると、新幹線で使っている人も多そうでした。子どもとの旅をより楽しい物にJetkidsは変えてくれると私は思います。

 

Jetkidsを購入しようか悩んでいる人の参考になれば幸いです。

 

ではでは!