この素晴らしいマイルに祝福を!~このすマ!~

マイルのことや、節約、育児、趣味とかいろいろ書いてます。 このすマ

【使えない?】Jetkids BedBoxは飛行機で使用制限あり!注意点とか使える航空会社をまとめてみた

f:id:dragontails6885:20171202162422j:plain

今私が幼い子連れ旅行で最もオススメしたいアイテム「Jetkids Bedbox」

実際に使ってみたレビューを書いているので、こちらの記事をぜひ読んでみてください。 

www.japan-sake-mileage.net

 

さて、この記事では、Jetkidsについて使用上の注意点なんかを書いていきたいと思います。また、Jetkidsが使えない航空会社もあるようで、実際に問い合わせをしてみたりしました。実際に使ってみなければわからなかったことなどもたくさんありますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

Jetkidsが使えない航空会社もある!

Jetkidsは、商品を開発した人が、飛行機で快適な時間を子どもに過ごしてもらいたいという願いを込めて作ったそうです。

そんな願いを打ち砕くかのように、実は航空会社のほとんどがJetkidsの使用方法に制限がかけられています。私が確認できた範囲で、使用できる航空会社と、使用できない航空会社をまとめてみました。

 

タイ航空は使用不可!

タイ航空では、ホームページ上に使用できない旨が記載されています。

News & Annoucement | Thai Airways

ジェットキッズ社(JetKids)が販売しておりますベッドボックスにつきまして、タイ国際航空では、

機内持ち込み手荷物として持ち込むことは可能です。

しかしながら、飛行中に付属品のマットレスとともにベットボックスをご使用いただくことはできませんので

ご理解いただきますようお願い申し上げます。

機内持ち込み荷物として持ち込むことはできますが、Bedboxとしてマットレスを使うやり方は出来ないそうです。

このように使用できませんよ!と明記している航空会社は私が確認できた中では、タイ航空だけでした。

ネット上の情報ではエールフランス、大韓航空、ルフトハンザも使用できないとの事です。こちらは今後確認を取ってみたいと思います。

 

ANA、JALは使用可能!ただし条件付。

海外エアラインの情報がなかなか見つけられなかったので、まずはANAとJAL。どちらも条件付ではありますが使用可能でした。メールにて問い合わせをしてみましたので、一度目を通してください。 

 

ANAにJetkids使用に関する問い合わせをしたメールの回答抜粋。

お問い合わせについて、「JET KIDS」は
機内へのお持ち込み、並びにご利用は可能でございますが
ご利用にあたり、注意点がございますのでご確認いただきますよう
お願い申し上げます。

・窓側、及び中央列中央席のみ使用可
・離着陸時、地上滑走時、ベルト着用サイン点灯時は使用不可
・シートベルトを適切な位置で着用できないため、BEDとして使用不可
・安全に着席し適切な位置でシートベルトを着用すること

ANAは明確にベッドとして使用はできないとの回答でした。実際CAさんも時々気にかけて見ていたような気がします。

 

JALにJetkids使用に関する問い合わせをしたメールの回答抜粋。

<機内での使用を目的とした便利器具の使用条件>
(1)使用により機体および機内設備を痛める恐れがないこと。
または、その作動の妨げにならないこと。

(2)正しい位置でシートベルトを装着できること。

(3)お客さまの安全が確保されていること。

(4)ほかのお客さまのご迷惑にならないこと。

※緊急脱出時の妨げとならないよう、ご指定いただけるお座席に制限が
ございます。原則、窓側および中央真ん中席でのご指定となり、通路席の
ご指定はできません。

なお、上述の項目を満たす場合でも、安全上の理由により、離発着時
およびシートベルトサイン点灯時はご使用いただけません。また、機長、
客室乗務員の判断により、ご使用をお控えいただく場合がございます
ことをあらかじめご了承ください。

 こちらも、「正しい位置でシートベルトを装着できること」と書かれているので、事実上ベッドとして使用はできないという解釈でいいかと思います。

 

シンガポール航空はバッチリ使用可能!

調べた中で唯一シンガポール航空だけが公式でベッドとして使用可能と書かれていました。

シンガポール航空-お子連れの旅行-

 

子供用機内ベッドとしてJetkids Bedboxが紹介されています。

シートベルト着用サイン時に使用不可であることと、窓側、中央席のみで使用可能である旨が書かれています。

シンガポールに子連れで行くときはシンガポール航空を使ってみたくなりますね!

 

使用する注意点は?

Jetkidsを実際に使用してみて感じた注意点をまとめてみました。

【スーツケースとして使用するとき】

・子どもを乗せて歩くときは紐を放さないようにする

・子ども1人では使用させないようにする

・下りの時は予想以上にスピードが出るので注意

・大きな段差には弱いので、子どもを乗せているときは転ばないように注意

・エスカレーターでは必ず降りる

 

【BedBoxとして機内で使用するとき】

・航空会社の決められた使用方法で使用する

・シートベルト着用サイン点灯時は使用しない

・子どもが大きいと、前の席を蹴ったりすることがあるので注意

 

使ってみなければわからないことも多かったので、実際に使って勉強になりました。気をつけながら使用すれば、とても使いやすいアイテムだと思うので、やはりオススメです。

 

おわりに

Jetkidsを使用する上での注意点を書いてみました。

思っていた以上に使用に制限がありますが、我が家では移動用として使うほうがメインになりそうなので特に問題になるところはありません。

ベッドとして使用できるシンガポール航空で長距離路線で使ってみたいですねー。

 

これからも使い続けて、気になることがあれば追記していきたいと思います!

ではでは。