獺祭と島耕作コラボラベルがAmazonで買える!発売日と購入方法や販売される経緯をまとめてみた

2018-08-04


西日本豪雨災害で被害を受けた旭酒造のニュースは全国でも大きく取り上げられましたね。

 

今最も日本で有名な日本酒といっても過言ではない「獺祭」を作っている酒蔵です。

 

その旭酒造が、西日本豪雨災害の復興支援として獺祭とマンガの島耕作がコラボした復興酒が販売されることになりました!

Amazonで定価購入することができるので、興味のある人はチェック必須です!

獺祭×島耕作コラボラベルが販売された経緯は?

2018年7月の西日本豪雨災害で被害を受けた獺祭。

今回のコラボラベルで販売される日本酒は、酒蔵で冷蔵保存されていたうち、停電により保存状態が旭酒造の品質基準を満たすことができなかったものを、復興酒として販売するものです。

 

このお酒は2018年7月に西日本豪雨時に、酒蔵内で発酵中に、停電の被害を受けたお酒です。
そのお酒は、十分に美味しい、ただ、私達の思う獺祭としての品質基準には届かず、通常の獺祭としては世に出せません。

そのお酒を、できるだけポジティブな形で、西日本豪雨への被害を心配されている皆様の想いに応え、被害を受けた様々な地域のお役に立てるお酒にしたい。

旭酒造のそんな想いに、漫画家の弘兼憲史氏が共感し、弘兼氏の漫画の主人公であり、様々な困難に直面し、それを前向きに乗り越えてきた、島耕作氏を使用し、「獺祭 島耕作」として販売することとなりました。

このお酒については、販売価格である1200円のうち200円をこの度の西日本豪雨で被害を受けた地域への義援金として寄付させていただきます。

旭酒造HPより引用

短期間停電により品質の基準を満たすことができなかったレベルですら、通常の獺祭として販売することをしない旭酒造の獺祭にかける心意気が伝わってきますね。

 

そんな獺祭の心意気に漫画家で山口県岩国市出身の弘兼憲史氏が共感。故郷である山口県の獺祭と、自身の作品である島耕作とのコラボが誕生したと言うわけです。

 

西日本豪雨災害への義捐金として、1200円の内、200円が義捐金として募金されます。

獺祭も買えて、募金もできるこの復興酒は実にいい企画だと思いますね。

 

販売される獺祭はどの獺祭?

さて、今回販売される復興酒。元々は獺祭として販売されるものでしたが、品質管理の基準を満たすことができずこのような形で販売されることとなりました。

いったいどの獺祭が復興酒として販売されるのでしょう?

今回販売される復興酒は純米大吟醸720ml1本1,200円。

 

通常販売されている、ベーシックな獺祭は精米歩合が50%の「獺祭 純米大吟醸50」です。これは720ml1本1539円です。Amazonでも定価で買えますね。

 

なので、中身は「獺祭 純米大吟醸50」ではないかと予想しています。

中には磨き三割九分も混じってたりしないかな・・・なんて期待もありますが、そんなことはないかなと言うのが私の予想です。

 

いずれにしても、火入れされている商品なので、品質的な劣化はそれほど無いと思います。それでも基準を満たさないから通常販売はしない・・・という旭酒造の品質は、やはり最高レベルですね。

 

獺祭×島耕作コラボはどこで買える?発売日は?

 

獺祭×島耕作コラボは全国の特約店、旭酒造直営店、WEB店にて販売開始となります。
旭酒造直営店、WEB店は8月2日15時から予約開始となっています。

 

販売開始は2018年8月10日からです。

 

とは言っても、獺祭の特約店なんて知らないと言う人のほうが実際は多いと思うんですよね。

旭酒造のホームページに一覧があったので紹介しますね。

獺祭特約店一覧(旭酒造ホームページ)

 

とは言え、なかなかお店まで足を運ぶのも大変です。

ではどこで買えばいいのでしょう?

 

 

安心してください、Amazonで買えます。

※8/20追記 Amazonで在庫復活してました

また、yahooショッピングや楽天市場でも販売している店舗があるのでチェックしてみてくださいね。

 

獺祭×島耕作コラボ復興酒まとめ

いつもより獺祭が安く買えて募金もできる。

こんないい機会は滅多に無いと思います。私も2本予約しました。ボトルも飲み終わったら飾っておきたいですね。

 

獺祭を応援できて日本酒も美味しく飲める、ぜひ皆さんもチェックしてみてください。

関連記事

-気になること

Copyright© この素晴らしいマイルに祝福を! , 2019 All Rights Reserved.