マイルを貯めてタダで飛行機に乗る方法

子連れで楽しむグランクラス。楽しむために覚えておきたいことや気をつけたい点

投稿日:

函館へ旅行に行く際、北海道東北新幹線「はやぶさ」のグランクラスに乗りました。

 

娘と二人でグランクラスに乗ったのですが、席も広く超快適でしたね。

子連れグランクラスは個人的にかなり「あり」だと思います。

 

でもなんとなく、子連れだとグリーン車やグランクラスに乗ると気を使っちゃいますよね。普通車と比べると、グリーン車やグランクラスは圧倒的に静かな感じがしますし。

 

子連れでグランクラスに乗る際の注意点なんかをまとめてみました。

 

JRは小学生未満の子どもは無料。もちろんグランクラスもタダです

もちろんグランクラスも、小学生未満であればタダで乗ることができます。

(6歳でも小学校入学前は「幼児」です)

 

ただし、大人1人に対して幼児2人まで。

3人目からはこども料金がかかります。(こども料金は大人料金の半額の乗車券特急券+大人と同額のグランクラス料)

 

なので、お父さん1人がグランクラスを利用するとき、2人の子どもまでは一緒に無料で座ることができます。

 

まぁ実際に乗ってみた身として、いくら広いグランクラスとはいえ、子ども2人と一緒に乗るのはちょっと無理がありますけどね!

 

子ども1人だったら余裕です。かなり快適です。

 

グランクラスの様子。子連れでも本当に大丈夫?

グランクラス、今回乗ったときはビジネスマン風の外国人さん2人が静かに話をしていたくらいで、車内は騒音とは無縁の空間でした。

 

そりゃこの空間で子どもがうるさくしていたら気分悪くする人もいるかもしれませんね。

 

でも、普通に会話するくらいだったら別に問題ないんじゃないかと思うのが私の意見です。

実際、子どもこのご飯美味しいねぇなんて話しながらすごしていました。

もちろん回りには少し配慮していましたがね。

 

グランクラスの座席は広い!子どもと2人でも余裕があります

グランクラスの座席はとても広くゆったりしています。

 

今回4歳の娘と乗りましたが、私が座って、その足の間に座らせていました。

足の上に乗せなくても座ることができるので楽ですよ。

 

いくら軽い子どもとは言え、足の上に長時間乗せるのは結構大変です。

 

グランクラスなら、足の間に乗せることができるので、食事も大丈夫。乗せた状態で食事用のテーブルを出すこともできます。

 

なんと子ども分の飲み物も出してくれます。

グランクラスの軽食は、グランクラスに乗る楽しみの一つなんですが、子どもが乗る場合残念ながら大人の分しか出ません。当たり前ですが。

 

でも、子どもの分の飲み物を用意してくれるんです。なんか得した気分になりません?

 

りんごジュースをお願いしてみました。私はビール。

 

子どもの分は頼めないと思っていたので、ちょっと嬉しいサービスでした。

 

グランクラスに子どもを乗せるなという意見が多い

ネットで「グランクラス 子連れ」で検索してみると、まぁ子連れはグランクラスに乗るなだの、せっかくの静かな空間が台無しだの、子連れで乗ることに否定的な意見がいっぱい。

 

そりゃそうですよね。せっかく高いお金を払って乗ったグランクラス。

子どもの泣き声や騒ぎ声があると気になるのはよくわかります。

 

でもまぁ、気にしなくてもいいんじゃないですか?

もちろん子どもに「自分だけじゃないんだから、静かに乗ろうね」と、うるさくしないように配慮するのは当然だと思いますが。

 

ようは、子どもをほったらかしにしているような一部の親が悪いわけで、大部分の人はそういう点はしっかりわきまえて乗車していると思います。

 

ちゃんと子どもが普通に乗っていられるなら問題ないのではないでしょうか。

 

そんなの知らんがな。うちの子は静かにできるから問題ないがな。って内心思ってますけどね。

 

っていうか、大人でもいるじゃないですか。

車内に響き渡るくらいのいびきかいて寝ていたり、ビール飲んで車内に弁当の匂い撒き散らしていたり、通路に足出してだらしない格好で座っていたり。

 

ようは、常識の範囲内で配慮できていれば子連れでもまったく問題ないと私は思います。

 

子連れでグランクラスを利用する際のコツとか

コツというか、こうしたほうが便利だよって点ですかね。

 

まずドアの近く、できればトイレや洗面台がある側の席を指定しましょう。

赤ちゃんだったり、すぐに泣いてしまうような子どもだったりすると、すぐにデッキへ出れるようにしておくことも大切です。

 

ミルクを作ったりするにも、デッキに近いほうが何かと便利です。

 

あと、万が一クレームを言われた場合ですが・・・。

対抗せずに、引き下がって、アテンダントさんにお話しするようにしましょう。何事も穏便に。

子連れ専用グリーン車が期間限定で運行

グランクラスではないんですが、こんなサービスもあったのでご紹介。

JR東日本では、期間限定ですが、グリーン車を未就学児を連れた子連れ専用にする企画を発表しています。

東北新幹線「やまびこ」の一部を子連れ専用グリーン車として企画販売します。

 

対象となるのが

 

2018年12月26日~28日の下りの「やまびこ45号」

2019年1月4~6日の上りの「やまびこ50号」

 

となっています。

 

子育て世代として、こういった企画は嬉しいですね。もっと広まればいいのに。というかなぜ広まらない。

 

混雑する帰省に、子どもがグリーン車に乗ってくるのを嫌う人間に気を使うことなく乗れますね。

JR東日本は年末年始の帰省に合わせ、東北新幹線「やまびこ」6本のグリーン車を子供連れの専用車両にする。未就学児を連れた乗客だけが利用でき、同伴者(小学生以上)1人につき指定席2席を提供する。混雑する車内で他の乗客に気兼ねすることなく、ゆったり帰省できる。

12月26~28日の下りの「やまびこ45号」と2019年1月4~6日の上りの「やまびこ50号」のグリーン車1両を専用車両とする。

旅行商品として15日から販売する。商品にはJR東日本グループが運営する駅の売店「ニューデイズ」や「キオスク」で使える500円分の利用券や、ベビー用品のコンビ(東京・台東)が手掛ける食器セットなどが含まれている。

おわりに

子連れグランクラス、個人的には超オススメです。

軽食も出ますしね。長い距離であればあるほどお得感もあります。

 

ひざの上に乗せなくても座れる座席の広さも魅力的です。むしろ子連れにはメリットしかないような・・・。

 

できるだけ静かにしながら、グランクラスの旅を子どもと一緒に楽しみましょう。

ではでは。

関連記事

-旅行

Copyright© この素晴らしいマイルに祝福を! , 2018 All Rights Reserved.