マイルを貯めてタダで飛行機に乗る方法

北陸新幹線 E7系・W7系「かがやき・はくたか」のグランクラスを徹底解説!座席やサービスについて。

投稿日:2017-02-25 更新日:

f:id:dragontails6885:20170222224223j:plain

長野県に行く用事があり、行きは車、帰りは新幹線と飛行機というハイブリッドな行程でした。

ふと、以前新幹線にグリーン車よりもいい席ができたとテレビでやっていたのを思い出します。

そうです。グランクラスです。あのグランクラスです(どのグランクラスだよ)

新幹線なんてほとんど乗る機会が無いので、発券するだけで手間取ったりしていたのですが、今回せっかくなのでグランクラスに座席をアップグレードしてみることにしました。(アップグレードという表現はちょっと違うかもしれない)

グランクラスとは

f:id:dragontails6885:20170222224244j:plain

グランクラスとは、JR各社(JR東日本、JR西日本、JR北海道)の一部新幹線に新設された、新幹線のファーストクラスという位置づけの車両のことを言います。

2011年3月5日、東京駅 - 新青森駅間で運行されるE5系「はやぶさ」にて営業を開始し、現在は北海道新幹線、東北新幹線、北陸新幹線で運行されています。

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。

Gran Class | meets新幹線 | JR東日本

グランクラス - Wikipedia

グランクラスクラブ|北陸・東北・北海道新幹線のファーストクラス専門サイト

 

グランクラスの運賃形態

グランクラスに乗ろうと思ったのはいいものの、実際どれくらい追加すればいいのよ?という疑問が浮上しました。

あまりにも高すぎれば乗るのはやめようと思っていたのですが、長野ー東京間は思っていたほど高いわけではありませんでした(高いことに変わりはないのです)

今回利用した、北陸新幹線はくたかの長野ー東京間の指定席特急券付き乗車券の金額が8,200円です。グランクラスに変更した場合の金額が15,910円でした。その差額7,710円です。

ちなみにグリーン車は10,770円です。グリーン車との差額は5,140円ですね。

グランクラスの料金内訳は写真の切符のとおりなのですが、乗車券4,000円、特急券3,680円、グランクラス指定料8,230円となっています。

f:id:dragontails6885:20170222220842j:plain

このくらいの値段するなら、切符も何か特別な感じなら嬉しいのですが、グランクラスと書かれているだけで他の切符と代わり映えありません。なんか残念。

さて、アップグレードと前述しましたが、JRの場合、そもそもアップグレードという概念が無いようで、みどりの窓口でグランクラスに座席を変更しようとしたら、一度予約を取り消してから再度座席を取り直すという形を取っていました。

少し具体的にグランクラスの運賃を見てみましょう。

下記はグランクラス利用料の表になります。(wikiより転載)

JR各社のグランクラス料金表
(2016年3月26日現在。普通車通常期・大人料金)
乗車区間 -100km -200km -300km -700km 701km-
JR東日本・JR西日本管内のみ グランクラス(A) 6,170 7,200 8,230 9,250 10,280
グランクラス(B) 4,120 5,150 6,180 7,200 8,230
JR北海道管内のみ グランクラス(A) 6,420 7,890 -
グランクラス(B) 4,370 5,840 -
JR東日本とJR西日本を相互発着する場合
JR東日本とJR北海道を相互発着する場合(JR東日本所属区間のみ)
グランクラス(A) 5,140 6,170 7,200 8,220 9,250
グランクラス(B) 3,090 4,120 5,150 6,170 7,200
JR東日本とJR北海道を相互発着する場合(JR北海道所属区間のみ) グランクラス(A) 5,390 6,860 -
グランクラス(B) 3,340 4,810 -

普通に表を見ただけではなんのこっちゃ状態ですね。

また、JR東日本とJR西日本を跨いで運航する新幹線の場合等によって加算されるグランクラス利用料が変わってくるようです。ややこしい。

基本的には乗車する距離によって金額が変わってくるということを覚えておけば大丈夫かと思います。

また、グリーン車とグランクラスの差額はこのようになっています(wikiより転載)

「グランクラス」と「グリーン車」の差額
営業種別 JR東、JR北と西を跨ぐ場合 左記以外
グランクラス(A) 8,220円 5,140円
グランクラス(B) 4,120円 3,090円

なかなか微妙な金額差ですね~。

ちなみに東京ー長野間の新幹線正規料金は下記のとおりです。

北陸新幹線・東京-長野の正規料金
座席 料金
普通車自由席 7.680円
普通車指定席 8,200円
グリーン車 10,770円
グランクラス(シートのみ) 13,860円
グランクラス 15,910円

グランクラスの切符を取る方法は?

今回グランクラスの切符は『みどりの窓口』を利用して購入しました。

どうやら自動券売機でもグランクラスの切符は買うことが出来るようです。

事前に普通の指定席を購入していたため、アップグレードできるのか確認したかったため、みどりの窓口を利用しました。

みどりの窓口で駅員さんに『グランクラスに変更できますか?』と聞いたところ、最初は差額だけで大丈夫のような話をしていましたが、結局は一度切符を払い戻して、新しくグランクラスで切符を取り直す形となったようです。

航空会社のようにアップグレードという概念は無いようなんですね~。普段新幹線にも乗らないので、勉強になりました。

あ、ちなみに空席がいっぱいあって普通に取れました。

グランクラスを安く乗る方法はある?

グランクラスを安く乗る方法が無いか一応調べて見ました。できることなら割引価格で乗りたいですよね。

えきねっとトクだ値は設定なし

新幹線の早割りなどがある『えきねっとトクだ値』にはグランクラスの設定は無いようでした。

モバイルSuica特急券「モバトク」

モバイルSuica特急券「モバトク」では特急券より安くなるようで、金額を調べてみました。

なんと280円安くなるようです!

・・・(´∀`)

一番安いのは株主優待券

一番安く乗る方法としては、JRの株主優待券を利用する方法かもしれません。乗車券が40%割り引かれますので、実質的に安く乗ることができます。

早割り等が利かないグランクラスはほぼ正規料金でしか乗れないようですね。JRも飛行機みたいなセール運賃とかあればもっと乗る人増えると思うんですがね~。

 

それではグランクラスの乗車レビューをお送りしたいと思います!

次のページへ >

関連記事

-旅行

Copyright© この素晴らしいマイルに祝福を! , 2018 All Rights Reserved.