ブラーバで使えるウェットシートおすすめランキング3選

2018-06-26

ブラーバ ウェットシート おすすめ

ブラーバのウェットモードで掃除をするときは、付属のウェットモップで掃除をすることが多いのですが、時々フロアモップ用のウェットシートを使うこともあります。

ブラーバ本体と純正ウェットモップはただの水拭きです。

水拭きだけでは完全に落とせない皮脂などの汚れを取るために、時々フロア用のウェットシートで掃除をすると清潔感が保てるのでオススメです。

 

ウェットシートもいろいろな種類が出ていますが、水分の保ちや、ゴミを絡め取ってくれるかなど、どれを使えばいいか悩みどころが多いんですね。

 

実際に試してみて、使いやすかったウェットシートをランキングにまとめましたのでぜひ参考にしてください!

 

ブラーバで使えるドライシートのオススメランキング3選を紹介します!

第3位「スコッチブライト 無添加ウェットシート」

ブラーバ ウェットシート スコッチブライト

第3位は「スコッチブライト 無添加ウェットシート」

 

スコッチブライトシリーズのフロアモップ用ウェットシートで、無添加が売りの商品です。

 

ノンアルコール、ノンパラベンで、手拭掃除もOK。肌にやさしいので、まだ子どもが小さいおうちで肌への影響が心配な人にオススメです。

 

ブラーバ ウェットシート スコッチブライト

床密着シートで。こびり付いた汚れも落としてくれるとの謳い文句ですが、ブラーバで使うとさすがにこびり付いた汚れまでは落とせませんね。

 

【ウェットモードで掃除後】

ブラーバ ウェットシート スコッチブライト 掃除後

 

ウェットモードで掃除すると、約5分後くらいにはほぼ乾いてしまいます。シートの水持ちレベルは低いので、狭い部屋では何とかなるかもしれませんが、広い部屋では1枚で全て掃除するのは難しいですね。

1枚あたりの値段:約17円(18枚入り約300円)

こんな方におすすめ

  • ノンアルコール、ノンパラベンの無添加シートなので、子どもが小さい家庭
  • 部屋が比較的狭い家

第2位「クイックルワイパー フロア用立体吸着ウェットシート」

第2位はフロアシートとしては最も有名とも言えるあの商品「クイックルワイパー フロア用立体吸着ウェットシート」です。

ブラーバ ウェットシート クイックルワイパー

どこのドラッグストアやホームセンターでもまず売っているのはこのクイックルワイパー。

置いてない店は無いんじゃないか?というレベルですね。

 

ブラーバ ウェットシート クイックルワイパー

洗浄液を含んだ立体構造のシートが汚れを落としながら細かいゴミや髪の毛までからめとってくれます。

結構デコボコしてるのでゴミはしっかり拾ってくれますね。

 

【ウェットモードで掃除後】

ブラーバ ウェットシート クイックルワイパー 掃除後

さすがに最後までは持ちませんが、そこそこの保水力があります。

ブラーバを動かしてから15分くらいは濡れている状態で掃除してくれます。

 

1枚あたりの値段:約25円(16枚入り約400円)

普段の掃除でも使っている人も多そうなクイックルワイパーの立体吸着ウェットシート。バランスの良さで2位となりました。

どこでも買えるという魅力もありますね。

こんな方におすすめ

  • とりあえずいつでも買える商品が欲しい人
  • 普段使いのウェットシートと兼用したい人
  • ウェットモードでもしっかり髪の毛やゴミをからめとって欲しい人

 

第1位「ウェーブ フロア用ウェットシート」

ブラーバで使えるウェットシート第1位は、「ウェーブ フロア用ウェットシート」です!

ブラーバ ウェットシート ウェーブ

ドライシートに続いてウェット用もウェーブが1位です。

現状で水持ち最強。ブラーバで最後まで湿った状態で掃除できるのはこのウェーブだけ。

 

5層の保水シートが乾かずに掃除する事を可能にしています。

ブラーバ ウェットシート ウェーブ

試した中で最後までしっとり感が残っていたのはこのウェーブだけ。

皮脂汚れをしっかり拭き取るには洗浄液が残っている状態じゃなければ綺麗になりません。

保水力が段違いです。

 

【ウェットモードで掃除後】

ブラーバ ウェットシート ウェーブ 掃除後

ゴミのからめとりも申し分ありません。

しっかりと髪の毛やゴミをキャッチしています。

1枚あたりの値段:約27円(18枚入り約500円)

 

ブラーバ用ウェットシートの第1位は保水力抜群のウェーブフロア用ウェットシートでした。

こんな方におすすめ

  • しっかりと湿った状態で掃除をして欲しい人
  • しっかりと汚れを落としてくれるウェットシートを使いたい人
  • ブラーバを利用する全ての人

 

ブラーバで使い捨てウェットシートを使うときはドライモード?ウェットモード?

ブラーバで使い捨てウェットシートを使うときドライモードで掃除すれば良いのか、ウェットモードで掃除すれば良いのか悩んでいる人もいると思います。

私は基本的にはドライモードで掃除しています。

 

と言うのも、事前にドライモードで乾拭きをして、さらにウェットモードで純正フロアモップを使って掃除をしたあと、仕上げとしてドライモードでウェットシートを使って掃除をすることが多いからです。

 

いきなりウェットシートを使って掃除をするときは、ウェーブのフロアシートを使ってウェットモードで掃除をしています。

ウェットモードで掃除をするとあっという間に乾いてしまいますからね。

ウェーブのウェットシートだとウェットモードでも最後まで何とか持ちます。

 

床が綺麗な状態であればドライモード、いきなり掃除する場合はウェットモードで掃除すればいいと思います。

ただし、ウェットモードではすぐにシートが乾燥する事をお忘れなく。

ブラーバ用ウェットシートのオススメランキングを紹介しました

ブラーバ用ウェットシートのオススメランキング3選を紹介しました。

 

 

ブラーバでウェットシートを使う場合は、保水力が決め手です。1位のウェーブのフロアシートは抜群の保水力なのでオススメです。

 

ブラーバの純正モップだけでは皮脂汚れなどは落とせないので、洗浄液が含まれている使い捨てのフロアシートはしっかりと床を綺麗にしてくれます。

ブラーバを使って掃除の時間を短縮させましょう!

 

こんな記事も書いてます

関連記事

-家電-アイロボット

Copyright© この素晴らしいマイルに祝福を! , 2021 All Rights Reserved.